天然毛と人工毛の違いについて

gf0240039759l最近は女性の間でウィッグと呼ばれるかつらが普及しており、様々な髪型を手軽に楽しめるようになりました。そしてこれらのウィッグの素材は多くがナイロンなどの人工毛を使用しています。おそらくこれ等のウィッグで、天然毛を使用しているものは、量産されているものでは殆ど無いでしょう。
さてそれでは、これ等のウィッグなどで使用される毛髪素材で、天然のものと人口の物の違いはどのような点があるのでしょうか。
まず、天然毛の最大の特徴といえば、その扱いやすさでしょう。また当然のことながら、これらの毛は人の髪の毛で出来ているので、自分自信の髪の毛と同じようにシャンプーやコンディショナー等を使用して手入れが出来ます。またスタイリングなども非常にしやすく、ウィッグであっても様々なアレンジが可能になります。ただ、これらの天然毛は値段が高く、ものによっては10万円近いものまで存在するので、やはり手が出しにくい部類に入ることは間違いありません。
それに対し、ナイロンなどの化学繊維で作られた人工毛は、熱などに弱い特性があります。ですので、天然のもののように自由なスタイルにアレンジをすることは難しく、製造時ににスタイリングされた形を保持する事になります。またお手入れに関しても天然のものと比べると櫛通りが悪いため、専用のシャンプー等を使用しならなければいけない傾向があります。しかしこれ等の人工繊維で作られたものは、その多くがとても求めやすい価格であるため、現在のウィッグの主流を占めています。

コメントは受け付けていません。