正しい収納方法編

 

女性は毎日化粧をするので、肌に負担が少ないメイク用品を使用したいと思う方が多いです。ファンデーションはパフを使用して塗る方が多いですが、最近では素肌感を演出するメイクが流行っていることもあり、パフを使用した際には表現にしくい薄づき感を作れるメイクブラシが人気を集めています。メイクブラシには大きく分けて2種類あります。1つは人工的に作られたナイロンなどの毛でできたもので、もう1つは動物の毛などを使用した天然のものです。天然のものの方が柔らかく、刺激が少ないので人気です。中でもヤギの毛、リスの毛が人気ですが、ヤギの毛はアレルギー反応が出る方も稀にいますので注意も必要です。天然のメイクブラシは収納する際に直射日光に当たらないようにする必要があります。また、1か月に1回ほどお手入れが必要です。ぬるま湯でさっと洗い、毛先を整えて寝かせた状態で乾かします。立てた状態で乾かすと、ブラシ根元に水がたまって毛を傷める原因になってしまいます。メイクブラシは高価なものも多いですが、ちゃんとメンテナンスをしてあげれば長年愛用できるものが多いです。間違っても洗剤で天然毛を洗うようなことはしないでください。せっかくの柔らかさがなくなりゴワゴワになってしまいます。

 

コメントは受け付けていません。